クラースの不動産【買取り】のご案内

売却1-1

不動産の売却には仲介によるものだけでなく、不動産会社などが直接、買取りを行う場合もあります。

それでは、不動産の買取りの概要やメリットについてご紹介しましょう。

不動産の買取りとは何か

一般的な不動産の売却とは、不動産会社に仲介を依頼し、第三者である一般買主に対して不動産を売るというものです。この場合、仲介を担う不動産会社の役割は、宣伝活動を行い、買主を探すという販売活動のサポートになります。

 

 

一方、買取りとは、不動産会社が不動産を直接、買い取ってくれるものです。この場合、一般買主ではなく、不動産会社が売買契約の当事者になります。不動産会社が不動産を買い取り、リフォーム工事などを行った上で売主となり、再販売を行います。

 

買取りの一般的な流れは、以下の通りです。

 

1【調査・査定】    不動産の調査・査定を行います。

 

2【審査】       不動産会社で、購入可否の審査を行います。

 

3【購入条件提示】   不動産所有者に対して、購入価格・諸条件を提示します。

 

4【売却申込】     売却申込書に署名・捺印を行います。

 

5【売買契約締結】   不動産会社との間で不動産売買契約を締結します。

 

6【代金支払・引渡し】 代金支払いと同時に不動産の引き渡しを行います。

不動産買取りの最大のメリットは?

売却1-2

不動産会社が買い取りをする場合、一般的な売却と比べて、迅速に売ることができるというメリットがあります。一般的な売却の場合、販売活動に1~3ヵ月、売却の契約から代金の受取りまでに2~4ヵ月かかります。

 

一方、買取りの場合は、購入希望者を探す必要がないため、売却価格等の条件面での折り合いさえつけば、すぐに売却が可能です。数日で売買契約が成立する場合もあり、この迅速さが最大のメリットとなります。しかし、売却価格が安くなる傾向にあるというデメリットもあります。それでも、高めの価格設定をした場合、なかなか売れずに結局値下げをせざるを得なくなる、という事態も想定されますので、よく考えたうえで選択してください。

その他のメリット

この他買取りには、次のメリットがあります。

●仲介手数料が不要

不動産会社の仲介で不動産を売却する一般的な売却の場合、不動産会社に対して、仲介手数料を支払わなければなりません。この仲介手数料は、例えば、売却価格が2,000万円であれば最大712,800円、売却価格が3,000万円であれば最大1,036,800円となります。買取りの場合には、この仲介手数料が不要なのです。

 

買主探しの為の広告、内覧が一切不要

仲介の場合の販売方法は、宣伝広告等により、売りに出していると、販売価格等が公開されてしまいます。また、買主が決まるまで、何組もの内覧希望者を迎え入れなければならないこともあります。これは、時間を拘束されますし、精神的な負担も大きいと考えられます。一方、買取りの場合、宣伝広告等を行わないので売却を他人に知られることはありません。買取による査定のみのため、一度部屋を見せるだけでいいという場合が多く、内覧対応の手間がなくなります。さらに、買取りの場合、当事者が二者になるので、手続きがシンプルになるというメリットもあります。

 

●売却後のアフターフォロー、保証、瑕疵担保責任が免責されます

仲介の場合、売主は買主に物件引渡し後に一定期間瑕疵担保責任を負いますが、買取の場合は不動産会社が現状で買取るため、売却後の面倒なアフターフォロー、保証・瑕疵担保責任が免責され、建物に不具合等がある場合でも、お客様にて改装や解体を行う必要はございません。    

 

●即時現金化可能 (最短7日で現金化)

お急ぎの場合にも、即時に現金化が可能です。仲介の場合は、査定から売買代金を得るまで約1ヶ月~3ヶ月位の期間が必要となります。

不動産会社直接買取りでは、当社では最短7日でお取引が完了し現金化できますので、急なお入用のケースでも安心です。

  

買取依頼はコチラから<今すぐクリック>